メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

雇用調整助成金、中小企業助成10割に引き上げ 雇用維持狙う 厚労省

厚生労働省=東京都千代田区霞が関で2019年2月2日、本橋和夫撮影

 厚生労働省は25日、新型コロナウイルスの感染拡大で業績悪化した企業が従業員を休ませた場合に支給する「雇用調整助成金」の上乗せ給付について、改正新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく要請に応じて休業や営業時間短縮を行う中小企業への助成率を10割に引き上げると発表した。経営基盤の弱い中小企業に雇用維持を促すのが狙いだ。

 既に中小企業への助成率は通常の3分の2から、解雇を伴わない場合には10分の9まで上乗せ給付している。特措法の要請で休業や営業時間短縮を行う中小企業が対象で、従業員に100%の休業手当を支給、または日額8330円の上限以上の休業手当を支払っていることが条件。政府の緊急事態宣言発令後の4月8日にさかのぼって適用する。企業経営者から引き上げ要望の強い日額8330円の上限は現段階では維持するとしている。

この記事は有料記事です。

残り84文字(全文445文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

  2. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  3. 「首相、今井、佐伯で決めていたやり方がらっと変わる」 キャリア官僚の本音 菅政権で沈む省庁

  4. SNSで横行する住所「特定屋」 その手法とは… ストーカー事件など犯罪に悪用も

  5. 「俺はつくる。ぶち壊すのは河野氏」 菅首相の「破壊者」登用、麻生氏と利害一致

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです