メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

息苦しさ軽く 快適な「ジョギングエチケット」で感染予防 9倍増の注文も

皇居周辺のランニングコースでも通気性の良い布で口や鼻を覆う人の姿があった=東京都千代田区で2020年4月23日、幾島健太郎撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大により外出自粛が長引く中、運動不足の解消やストレス発散のために、ジョギングを楽しむ人が増えている。しかし、運動中は息が荒くなり、飛沫(ひまつ)感染のリスクが高まるとの声も。ランナーの感染防止対策とは?【円谷美晶】

 4月23日午前10時過ぎ、東京・駒沢公園では、爽やかな青空の下でジョギングを楽しむ人の半数ほどが、マスクや布などで鼻や口元を覆っていた。50代の男性会社員は「マスクは持ってきたけど、走る時は息苦しくなるので着けていない」。そう本音を漏らしつつ、「先週まではマスクを着けて走る人が2割もいなかったが、最近は特に増えている」と変化を口にした。

 運動時のマスク着用が増えた背景には、著名人が推奨した効果もあるようだ。京都大iPS細胞研究所所長の山中伸弥教授は16日、自身のホームページや動画投稿サイト「ユーチューブ」で、「走って大きな息をする時は、せきやくしゃみと同じように周囲への配慮が望まれます。マスク等でジョギングエチケットを心がけましょう」と呼びかけている。自身も市民ランナーの山中教授は「走る時にマスクをするのが苦手」として、「バフ」というチューブ状で通気性に優れ、鼻まで覆える布を紹介。元々は防寒や紫外線対策として使用されてきたが、通常のマスクに比べて「快適」だという。

 大手通販サイトなどでスポーツウエアを販売している「ウィズキッド」では、山中教授がマスク着用を呼びかけていると報道された直後から、スポーツ用マスクやヘッドバンドの注文が急増。在庫がない状態が続き、取り寄せで対応している。同社担当者によると、インターネット上で「ランニング マスク」と検索して購入している人が多…

この記事は有料記事です。

残り1061文字(全文1775文字)

円谷美晶

毎日新聞東京本社運動部。1985年、東京都生まれ。2009年入社。北海道報道部、千葉支局を経て、東京社会部では気象庁や東京都庁を取材。18年から東京運動部で五輪取材班となり、体操、トライアスロンなどを担当。高校までの部活動は陸上で中・長距離の選手。いつも皇居周りを走っていた。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 庄司智春、新型コロナ感染 妻・藤本美貴と3人の子どもは「まだ症状なども出ておらず元気」

  2. 吉永小百合さん「泳いで恒彦さんのところに…」 渡哲也さん死去

  3. 俳優の渡哲也さん死去 78歳 ドラマ「西部警察」 「くちなしの花」ヒット 石原プロ前社長

  4. コロナ「消毒」で紙幣損傷 洗濯機やレンジで 韓国、5億円分交換

  5. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです