メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 寂しい例大祭 初の神事のみ 海津・治水神社 /岐阜

神事が行われた治水神社本殿=岐阜県海津市海津町油島で

 海津市海津町油島の治水神社で25日、春の例大祭があった。新型コロナウイルス感染防止のため、松永清彦市長や宝暦治水史蹟(しせき)保存会などの13人のみが参加。神社の創建以来初めて、神事のみが行われた。

 治水神社は江戸時代に木曽三川水域の治水工事をした平田靱負(ゆきえ)を祭るために1938年に地元有志で建てられた。例年は神事の他に、舟形のみこしをか…

この記事は有料記事です。

残り262文字(全文436文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. スーパーのカゴ、金網まで…BBQごみ「いたちごっこ」 禁止でも放置やまず

  2. コロナ患者また抜け出し 大阪の療養ホテルから 府が警備員増員する直前

  3. 「予防効果一言も」「しゃべれなくなる」うがい薬発表翌日の吉村知事一問一答

  4. 「60」は首相の推薦者 桜を見る会、招待者名簿を初開示 06年開催

  5. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです