メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

BCリーグ社長兼監督・岩村明憲さん(その1) 福島駆ける「二刀流」

ベンチで笑顔を見せる岩村明憲さん(左奥)。社長就任1年目を白星で締め「皆の思い出に残る、こういう試合をもっと増やしていきたい」=福島県郡山市のヨーク開成山スタジアムで2019年9月、和田大典撮影

 前日に降った雪がうっすらと残る阿武隈高地にほど近い福島県楢葉町の「SOSO・Rならはスタジアム」に、太平洋からの冷たい風が吹き付けていた。野球の独立リーグ、BCリーグ・福島レッドホープスがキャンプインした3月15日。「暖冬だから練習できると思っていたけど、参ったね」。準備運動をする選手を見守る球団社長兼監督の岩村明憲さん(41)は苦笑いを浮かべつつ、続けた。「でも、こうやって地元でできるのは大きいですよ」

 4日前の11日には選手とスタッフ全員で、9年前の「この日」に起きた東日本大震災による原発事故を取り上げた映画「Fukushima50」を見た。「福島のために」との共通認識を持つため自ら発案した。スタジアムから東京電力福島第1原発は直線で約15キロ。「一歩間違えば福島に誰も住めなくなっていた。ここでキャンプをすることはすごく意味がある」

この記事は有料記事です。

残り454文字(全文828文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 革命叫べば逮捕、ならば無言で抵抗 香港人が訴える「目に見えない大切なこと」

  2. 木村花さんが死の前に母に告白したフジテレビの「あおり」とは 被害者からの反論

  3. 鹿児島で新たに34人感染確認 クラスター発生の飲食店の客ら

  4. 国内初のワクチン治験 吉村大阪府知事「前のめりの政治主導」の危うさ

  5. ORICON NEWS 『天才!志村どうぶつ園』16年の歴史に幕 10月から相葉雅紀MCの新番組

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです