メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ

新型コロナ 芽吹くオンライン授業 休校対策、公立も活用例

タブレット端末のカメラに向かって授業をする教諭(奥)=さいたま市北区のさとえ学園小学校で2020年4月16日、大久保昂撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大の収束が見えず、多くの学校で休校が長期化する中、子どもたちの学習機会を確保しようと、各地でインターネットを活用したオンライン授業を導入する動きが加速している。ただ、これまで学校の情報通信技術(ICT)化は地域や各校で温度差があり、教育格差が広がることも懸念されている。

 「今日の辞書引きのお題は『加工』。見つかった人は手を挙げればいいよ」

 最初の緊急事態宣言が東京都や埼玉県など7都府県に出されてから9日後の今月16日、さいたま市北区にある私立さとえ学園小学校。子どものいないがらんとした教室で、2年生を受け持つ塚田智子教諭(30)が教室中央に置かれたタブレット端末のカメラに向かって語りかけていた。そばにある別の端末の画面には自宅などで授業を受ける2年生78人の様子が映し出され、きちんと辞書を引けているかを確認していく。

この記事は有料記事です。

残り2496文字(全文2873文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 潮流・深層 バイデン次期米大統領に立ちはだかる「穏やかな人たち」

  4. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

  5. 「猫にマタタビ」の謎 研究のため朝夕掃除でご機嫌取り 教授の腕でも実験

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです