メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

村上春樹をめぐるメモらんだむ

「日本文学離れ」の欲求の先に…

 なぜ村上春樹という人が現代日本の作家で一人、これほど世界中で読まれる特別な存在になったか。――このテーマに関し、ちょっと意外なところから得たヒントを記してみたい。

 1974年、詩人の大岡信と作家の丸谷才一が「唱和と即興」と題する対談を行った(雑誌『俳句』同年9月号)。俳句、短歌をはじめとする近現代の文学について、大正期以降、生真面目に「孤独」を追求する態度が強くなったといい、これを「文明全体の問題」として論じている。大岡と丸谷は連句を共同制作するなど親しい関係にあり、丸谷は村上作品をデビュー時から高く評価した人としても知られる。

 対談で丸谷はこう発言している。「文学それ自体が孤独な感じの単なる表明では、読むほうとしてはやり切れない。(中略)つくってるほうとしても、それでは自分の世界を十全な形で表現したことになり得ないだろう」

この記事は有料記事です。

残り998文字(全文1366文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ GoTo 東京発着 高齢者らに自粛要請 都知事、首相と合意

  2. ドイツで歩行者区域に車 通行人2人死亡 運転の51歳を逮捕

  3. 一緒に飲み明かした女性に「家に送って」と誘われ…男性を陥れた巧妙手口とは

  4. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

  5. コロナで変わる世界 第1部 くらしの風景(その2止) 埋もれる乳がん 欧米、隠れた「第3波」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです