メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東京で新たに111人の感染確認 4日連続100人超 新型コロナ

大相撲 夏場所、さらに陰り 6人新型コロナ感染、募る危機感

新型コロナウイルスに感染した白鷹山(左)師匠の高田川親方。2018年夏場所での十両昇進が決まり、握手する2人=村社拓信撮影

 師匠と弟子の感染判明――。大相撲の高田川親方と弟子の十両・白鷹山の新型コロナウイルスの感染が25日、判明した。日本相撲協会はほかに幕下以下の力士4人についても感染を明らかにしたが、個人情報保護の観点からしこ名や所属部屋、複数の部屋に感染者が及ぶかどうかの公表は避けた。だが、同部屋での師弟の感染が確認されたことで集団感染の可能性も否定できず、2週間の延期が決まっている夏場所(5月24日初日、東京・両国国技館)の開催を巡る議論に影響を及ぼしそうだ。

 日本相撲協会の芝田山広報部長(元横綱・大乃国)は25日、報道陣の電話取材に応じたが、夏場所の開催については「何も決定していないが、こういう状況なので専門家の意見を踏まえつつ慎重に検討したい」と話すにとどめた。相撲部屋は稽古(けいこ)だけでなく寝食もともにするため、一人でも陽性者が出れば感染の封じ込めは難しい。感染経路も分からないだけに危機感は募るばかりだ。

この記事は有料記事です。

残り427文字(全文832文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 浜崎あゆみ、ドラマ『M』最終回で初コメント「最低で最高で、大嫌いで大好きでした」

  2. 世界の感染、1日で過去最多21万人増 米、ブラジルで拡大 新型コロナ

  3. 匿名の刃~SNS暴力考 韓国、苛烈なSNS中傷 自殺相次ぐ芸能界、もろ刃の「近さ」

  4. 長崎大生が新型コロナ感染 大学病院実習中に発熱 長崎県内18人目

  5. ナガシマスパーランドでジャンボ海水プール営業開始 マスク姿で水しぶき 三重・桑名

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです