メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イギリス、検査態勢不備や社会生活制限の遅れに批判も 新型コロナ死者2万人超え

ボリス・ジョンソン英首相=AP

 英政府は25日、国内の新型コロナウイルス感染による死者数が2万319人になったと発表した。死者数が2万人を超えたのは、米国、イタリア、スペイン、フランスに次ぎ5カ国目。検査態勢の不備や社会生活の制限が遅れたことが感染拡大につながったとの批判も上がる。一方、英オックスフォード大のチームは欧州初となる新型コロナワクチンの臨床試験を開始。英政府はこれを全面支援し、ワクチン開発競争で世界に先んじたい考えだ。

 25日段階の英国の感染者数は前日比4913人増の14万8377人で、死者数は同813人増だった。英国で新型コロナによる最初の死者が確認された3月5日から51日間で2万人以上が死亡したことになる。

この記事は有料記事です。

残り778文字(全文1078文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 今年の“新語”大賞は「ぴえん」 新型コロナ関連のワードも続々トップ10入り

  2. GoToトラベル利用のバス旅行で10人がコロナ感染 福岡

  3. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

  4. 時機を失した政府のGoTo対応 北海道から訴える

  5. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです