特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

GW初日の山形で厳戒態勢 駅や県境付近で通行人の体温を測定

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
山形新幹線の改札口で、東京方面から到着する乗客の体温を測るためサーモグラフィー(手前)を設置し、モニターを見つめる県職員ら(右奥)=山形市のJR山形駅で2020年4月25日、和田大典撮影
山形新幹線の改札口で、東京方面から到着する乗客の体温を測るためサーモグラフィー(手前)を設置し、モニターを見つめる県職員ら(右奥)=山形市のJR山形駅で2020年4月25日、和田大典撮影

 大型連休(GW)が実質的にスタートした25日、山形県は新型コロナウイルス対策の一環として県境付近での検温を本格的に始めた。帰省客など人の流れが活発化することを見据えた措置で5月10日まで実施。期間中は県職員に加え、検査の実施場所となる自治体の職員も協力して厳戒態勢を取る。【日高七海】

 午前10時過ぎ、JR山形駅の新幹線が停車するホームの改札付近では、ビニール製の手袋やマスク、飛沫(ひまつ)感染防止のための眼鏡やゴーグルを着用した県職員らが待機。設置された2台のサーモグラフィーは推定体温が37・5度以上になると赤く反応するといい、機械の…

この記事は有料記事です。

残り407文字(全文678文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集