特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

台風乗り越えたのに 茨城、道の駅食堂がコロナで休業「先が見えない」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
食堂が入る道の駅かつら。農産物などの販売は続けている=城里町御前山で2020年4月20日午後4時2分、小林杏花撮影
食堂が入る道の駅かつら。農産物などの販売は続けている=城里町御前山で2020年4月20日午後4時2分、小林杏花撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、茨城県城里町の「道の駅かつら」の食堂が5月6日まで休業している。食堂は昨秋の台風19号で受けた浸水被害を乗り越えたが、今度は、かき入れ時の大型連休中に休業することに。店主は頭を抱えている。【小林杏花】

 道の駅かつらは、国道123号沿いにある。地域の農産物を販売する店と、その店の中に食堂がある。昨年10月、台風19号による豪雨の影響でそばを流れる那珂川の支流が氾濫。店や食堂は床上約1メートルまで浸水したが、近くの農家の人たちが手伝ってくれ、食堂は約2週間後に再開…

この記事は有料記事です。

残り378文字(全文629文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集