メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高齢者優先時間帯、大阪のイオンでも開始 妊婦、障害者も対象 安心広がる

「ゆうゆう優先対象レジ」を利用する車椅子の女性=大阪市西区のイオン大阪ドームシティ店で2020年4月26日午後2時4分、大西達也撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、スーパー大手「イオン」は26日、大阪府内の系列店計35店舗で、妊婦や高齢者らが優先して入店できる時間帯の導入を始めた。府が混雑緩和策として要請していた。

 イオンリテール近畿カンパニー(大阪市)によると、午後2~3時を「ゆうゆう優先タイム」と名付け、妊婦や高齢者、身体障害者向けの専用レジを設置した。ただ、対象者かどうかの確認は…

この記事は有料記事です。

残り275文字(全文457文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #排除する政治~学術会議問題を考える 「まるでモラハラのよう」 矛盾だらけの「改革」論議 名大・隠岐さや香教授

  2. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

  3. ながら運転厳罰化1年 「スマホ触らないで」 名神の追突死亡事故、遺族訴え

  4. GoToトラベル利用のバス旅行で10人がコロナ感染 福岡

  5. 社説 森友問題への政府対応 歯止めかからぬ国会軽視

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです