メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「最前線で戦う医療従事者を守りたい」 他業種が力を合わせ防護ガウン生産

医療用防護ガウンの本格製造に向けて準備を進める「フタバ産商」の従業員ら=岐阜県瑞穂市で2020年4月22日

 「最前線でウイルスと戦う医療従事者を感染から守りたい」。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、雨がっぱ製造会社などがこれまで培った技術力を生かし、医療用の感染防護ガウンの生産に乗り出している。素材の供給や輸送といったさまざまな会社も協力を申し出ており、医療従事者支援に向けスクラムをがっちりと組んでいる。

 「医療従事者が安心して治療に専念できるよう支援したかった」。雨がっぱや防水エプロンを製造販売する「船橋」(名古屋市中村区、舟橋昭彦社長)は知り合いの病院長に相談を受け、3月下旬から医療用防護ガウンの生産に乗り出した。

この記事は有料記事です。

残り453文字(全文714文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「がんに勝つことは、生きるか死ぬかじゃない」米国で闘病中のポルノスター、まりかさんが直面したロックダウン

  2. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  3. 愛知・大村知事「不要不急の首都圏移動、お控えを」 県内の経済活動は推進

  4. 名古屋の名東区役所職員刺される 刺した60代を殺人未遂容疑で現行犯逮捕 愛知県警

  5. 公明定年内規 厳格運用なら党幹部ほぼ「引退」 迫る解散、どうする公認

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです