メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英月の極楽シネマ

羅生門(1950年、日本) 矛盾の世、それでも生きる

 大きなスクリーンで観(み)るのが映画の醍醐味(だいごみ)ですが、新型コロナウイルス拡大防止のため多くの映画館が休業する今、古い作品をお家(うち)で観るのも一つの楽しみ方。ということで紹介したいのが、黒沢明監督のあまりにも有名なこの映画。生命力にあふれた登場人物たちに、生きる力をもらうようです。

 羅生門に雨宿りに来た男が、先客の2人から聞いた話。それは、殺人を犯し捕まった盗賊、殺された武士の妻、巫女(みこ)によって呼び出された武士の亡霊、それぞれが検非違使(けびいし)の前で嘘(うそ)の証言をした…

この記事は有料記事です。

残り375文字(全文625文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優・武田真治さんとモデル・静まなみさんが結婚

  2. 探して!らき☆すたマンホール 合併10年、埼玉・久喜のどこかに設置

  3. コロナ感染止まらぬ新宿・歌舞伎町 区長はすがる思いで大物ホストの携帯を鳴らした

  4. 関東・東海上空に火球 2日未明、目撃相次ぐ 「爆発音聞こえた」

  5. 失業給付の増額を 困っている人を助けるのが政治の使命

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです