新型コロナ 医療現場、瀬戸際の闘い 患者600人超、「崩壊」の懸念も /北海道

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
来院者にビニールシート越しに「せき症状などがないか」「2週間以内に道外に出ていないか」などを確認する病院スタッフ=札幌市西区の北海道医療センターで
来院者にビニールシート越しに「せき症状などがないか」「2週間以内に道外に出ていないか」などを確認する病院スタッフ=札幌市西区の北海道医療センターで

 最初の患者確認から約3カ月で累計600人を超えた道内の新型コロナウイルス感染者。医療現場では未知のウイルスとの闘いとともに、地域医療を守るための瀬戸際の対応を続けてきた。だが、収束の見通しが立たない中、マンパワーや必要な物資、情報の不足が各地で顕在化し、医療崩壊を懸念する声も漏れる。

 「せきが出るんです」。2月中旬、60代男性が市立函館病院を訪れた。検査の結果、道内4例目の新型コロナ感染者と確認され、さらに問診に立ち会った女性看護師の感染も判明。院内の緊迫感は一気に高まった。

 同病院は患者の隔離が可能な感染症病棟を備えた「第2種感染症指定医療機関」。感染者は相次ぎ、わずか10日間で全6床中4床が埋まった。「医師と看護師は防護服にマスク、ゴーグルを着用し、30分も作業すれば汗だく。肉体的にも精神的にも追い詰められた」と森下清文院長(66)は振り返る。幸い、今は地域の感染拡大は比較的緩やかだが「仮に2~3日で200人の感染者が出れば、医療機関はどうにもできない」と懸念する…

この記事は有料記事です。

残り1599文字(全文2040文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集