衆院4区補選 深沢氏初当選、議席守る 組織力生かし /静岡

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
当選を確実にして自民党県連幹部らとひじを合わせる深沢陽一氏(中央)=26日午後8時15分
当選を確実にして自民党県連幹部らとひじを合わせる深沢陽一氏(中央)=26日午後8時15分

 26日に投開票された衆院静岡4区の補欠選挙で初当選を確実にした自民党の新人で元県議の深沢陽一氏(43)=公明推薦=は、亡くなった望月義夫元環境相の議席を守った。立憲民主、国民民主、共産、社民の野党4党は統一候補として無所属新人で元東京都議の田中健氏(42)を推薦したが、自民、公明両党の組織力に敗れた。新型コロナウイルス感染症の広がりで、告示後に静岡県を含む全国に緊急事態宣言が拡大する中で異例の選挙戦だった。【山田英之】

この記事は有料記事です。

残り1307文字(全文1519文字)

あわせて読みたい

注目の特集