メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 伊方町の佐田岬。高知県土佐清水市の足摺岬。香川県高松市の竹居観音岬。徳島県阿南市の蒲生田岬。さて、これらに共通するものはなんでしょう。

 答えは、端っこであること。それぞれ四国の最西端、最南端、最北端、最東端の地です。4地域の観光や地域活性化に関わる人たちが中心になって、このほど「四国はしっこ協議会」(仮称)発足に向け、動き出しました。

 発起人はNPO法人「佐田岬ツーリズム協会」事務局長の大橋麻輝さん(51)。地域の観光資源を作り出す活動に長く携わり、昨年5月に現在の勤め先に移ってからは、ずっとこの企画を練っていたとのこと。「四国の端っこ同士がつながり、一緒に活動できないか」。それぞれの岬を訪ね、出会った人々に話をしたところ、みな面白がってくれたそうです。「どこも『PRしたくても何をしたらいいかわからない』ときっかけを待ち望んで…

この記事は有料記事です。

残り648文字(全文1017文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大相撲・中川部屋、師匠の暴力行為で閉鎖へ 行き過ぎた指導か

  2. 新型コロナ「後遺症」研究へ 退院後も息苦しい、疲れやすい… 厚労省、2000人対象

  3. 「黄信号」点灯間近に 基準緩和の大阪モデル 1週間で感染100人超

  4. 東京の感染者、「夜の街」関連110人 新宿でのアイドル舞台で10人感染「クラスター」か

  5. 草彅剛さん、来年のNHK大河ドラマで徳川慶喜役「僕の人生にも大きな役」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです