メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

コロナ、裁判にも影響? 相次ぐ期日の延期 被告拘束長期化に懸念=回答・近松仁太郎

感染拡大防止のため、間隔を空けて座る傍聴人たち=東京都千代田区の最高裁で3月、服部陽撮影

 なるほドリ 新型コロナウイルスの感染(かんせん)拡大を防ぐため、裁判の期日の取り消しが相次いでいると聞いたよ。どうなっているの?

 記者 7日の緊急事態宣言(きんきゅうじたいせんげん)の発令を受け、全国の裁判所は刑事裁判、民事裁判ともに、審理(しんり)や判決言い渡しの予定の多くを取り消しました。市民が審理に加わる裁判員裁判や死刑求刑事件、多数の原告が救済(きゅうさい)を求めている原発関連訴訟(そしょう)をはじめ、重大事件も含まれています。

この記事は有料記事です。

残り569文字(全文790文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS つんく♂×ソニン、17年ぶり再タッグ 「カレーライスの女」続編

  2. ファクトチェック 菅首相発言「Go Toトラベルでの感染者7人」はミスリード

  3. 山口組分裂5年 特定抗争指定の効果じわり 一部で脱退の動きも

  4. ファクトチェック 愛知県知事リコール運動 「署名すると名前や住所が公開される」はミスリード

  5. くらしナビ・ライフスタイル 正しい性知識、アプリで提供

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです