特集

TOKIO城島・出会いに感謝

TOKIOのリーダー、城島茂さんが新聞コラムに初挑戦。あの人気番組の裏側や、日々の思いをつづります。

特集一覧

週刊サラダぼうる・TOKIO城島

出会いに感謝 後輩への技の伝承

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 <くらしナビ・ライフスタイル>

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で社会情勢が日々変わっていますが、私の現場でもロケの見合わせや無観客での収録など、これまでにない対応に追われたこの4月。「ザ!鉄腕!DASH‼」(日本テレビ系)の「DASH島」での作業も途中でストップしている状態です。実は少し前から事務所の後輩2人が新しく加わり、一緒に島の開拓を進めてきたのですが、現場で奮闘している後輩の姿はまるで昔の自分を見ている気がするのです――。

 20年前、福島県内で「DASH村」づくりがスタートしました。早朝からの作業が多く、午前3時半に東京都内の事務所前に集合し、午前6時過ぎに村に到着するという強行スケジュールがほとんどでした。村には水道、電気は通っておらず、明かりは照明スタッフのバッテリー式のライトだけ。何でもあるのが当たり前の生活から「まんが日本昔ばなし」の世界に放り込まれたようで、なかなか村の環境に順応できませんでした。

この記事は有料記事です。

残り1101文字(全文1516文字)

あわせて読みたい

注目の特集