メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウチの教授

@大学 うちのセンセイ 知や人材、交差めざし 大阪大学理事・副学長 工藤眞由美さん

 大阪大が掲げる多様な知と人材が交差するダイバーシティー(多様性)環境を目指し、女子学生や女性幹部職の拡大に取り組む。

 阪大のデータを見て、工学部の女子学生が過去10年以上1割という数字に驚いた。女性教授がゼロの研究科もあり、解消に取り組むことに。部局ごとの男女別の研究者リストを作成し、部局長と対話を重ねて理解を求めた。女性教授ゼロの研究科は目標より3年早い2017年度に解消した。女性研究者の在職比率も15年度の15・0%が、19年度には19・5%にまで増えた。推薦入試では理工系の女子学生も増加している。

 企業の研究者や技術者を職場に在籍しながら阪大の研究者として受け入れる産学連携制度「クロスアポイントメント」でも積極的に女性を登用した。「女性の活躍できる場づくりは、多様性を認め合う研究環境につながる」と強調する。

この記事は有料記事です。

残り284文字(全文646文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「人としてあるまじきこと」 不倫報道の埼玉県議が議員辞職

  2. 大阪のタワマン29階から男性転落死 警視庁が詐欺容疑で家宅捜索中

  3. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  4. 大村知事「東京、大阪は医療崩壊」 吉村知事「根拠が不明」 会見、ツイートで応酬

  5. 北九州で新たに21人感染確認 23日連続ゼロから一転、6日連続で感染者 「第2波」に危機感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです