メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 人出、進まぬ8割減

人通りが少ない新宿駅前=東京・新宿で2020年4月26日午後4時43分、宮武祐希撮影

 政府は新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、不要不急の外出自粛を要請し、人と人との接触機会8割削減を掲げるが、26日の全国各地の人出が8割減少したのは一部の都市部にとどまっている。

 携帯電話の位置情報などを基にNTTドコモが分析したデータによると、26日午後3時時点の全国各地の人出に関して、感染拡大以前(今年1月18日から2月14日の休日平均)と比べた増減率は、87・8%減~18・0%減で、依然として大きなばらつきがあった。

 東京都は連休をまたぐ25日~5月6日を「いのちを守るステイホーム週間」と位置づける。ドコモのデータによると、都内主要地点の人出の減少率で8割を超えたのは、東京駅87・2%、丸の内85・3%、新宿駅81・9%など5カ所あった。その他の、銀座76・9%▽霞が関74・4%――など7地点は8割未満だった。

この記事は有料記事です。

残り213文字(全文578文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ショーン・コネリーさん死去 90歳 「007」のボンド役 BBC報じる

  2. 余録 映画「007」シリーズの第2作、「ロシアより愛をこめて」は…

  3. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  4. 松尾貴史のちょっと違和感 「田分け」以上の愚行 大阪市廃止は投票で防げる

  5. 22歳孫の祖母介護殺人 「自助に頼る国の悪癖」露呈 就職氷河期経験者が読む

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです