メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

妊婦向けマスク4社目は福島・ユースビオ 菅氏「配布確認できたため公表」

記者会見する菅義偉官房長官=首相官邸で2020年4月27日午前11時22分、竹内幹撮影

 菅義偉官房長官は27日の記者会見で、妊婦向けに配布する布マスクを政府に納入した業者のうち、非公表になっていた1社はユースビオ(本社・福島市)だと明らかにした。菅氏の説明によると、介護施設などへの配布用に確保した2000万枚の布マスクのうち、50万枚を妊婦向けに振り向けている中で、ユースビオが納入したマスクが妊婦向けに振り向けられていたかどうかが不明だったが、25~26日の週末に確認したことから公表したという。政府関係者によると、ユースビオのマスクは形状が異なり、不良品は確認されていない。

 これまで公表されていたのは興和(同・名古屋市中区)、伊藤忠商事(同・東京都港区)、マツオカコーポレーション(同・広島県福山市)の3社。会見で菅氏は「これまで興和、伊藤忠、マツオカの3社からの納入分について、妊婦用マスクとして配布されたことが確認できたので、そこを公表していた。週末に改めて確認を行ったところ、ユースビオからの納入分も妊婦用マスクとして配布されていたと確認できたため、公表した」と述べ…

この記事は有料記事です。

残り284文字(全文731文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 今年の“新語”大賞は「ぴえん」 新型コロナ関連のワードも続々トップ10入り

  2. GoToトラベル利用のバス旅行で10人がコロナ感染 福岡

  3. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

  4. 時機を失した政府のGoTo対応 北海道から訴える

  5. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです