メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なぜ日銀は財政規律無視の「禁じ手」を使うのか 国債無制限購入の効果と危険性

金融政策決定会合後に記者会見する日銀の黒田東彦総裁=東京都中央区の日銀本店で2020年4月27日午後4時3分、大久保渉撮影

 日銀が国債の無制限購入を宣言したのは、新型コロナウイルスの感染拡大の影響が長期化し、政府の財政出動がかつてない規模にまで膨らむ事態に備えるためだ。国の財政規律を無視した「禁じ手」とも言えるが、収入を失う世帯の生活支援や企業の倒産回避のための財源を捻出するには巨額の赤字国債の発行が避けられない。日本経済が背に腹は代えられない状況になっていることを反映した。【大久保渉、浅川大樹】

 「当分、長期金利の目標は0%程度から上昇させない。それを実現するため、国債はいくらでも買い入れる」。黒田東彦総裁は27日の記者会見でこう述べ、政府の経済対策で国債発行が増加しても日銀が無制限で購入することで、債券市場での金利上昇を完全に封じ込める姿勢を強調した。

 新型コロナへの対応で当面の最優先課題は、感染拡大を収束に向かわせることであり、その間は外出自粛要請などを通じ経済活動を抑制せざるを得ない。政府は20日に閣議決定し直した緊急経済対策に国民1人10万円の現金給付や、中小企業への最大200万円の補助金など当面の支援策を盛り込んだが、今後も飲食店の家賃補助など追加の経済対策が不可避の情勢だ。

この記事は有料記事です。

残り1931文字(全文2422文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相会見「官邸職員が記者の腕つかむ」朝日新聞社が抗議 官邸側は否定

  2. 時の在りか 「もう菅政権になっている」=伊藤智永

  3. 川崎の駐車場で露出 公然わいせつ容疑で港区議逮捕 否認「右手で隠していた」

  4. 女子高生をワイヤで拘束、監禁 容疑で会社経営者を逮捕 埼玉県警

  5. ORICON NEWS 英文学者の外山滋比古さん死去 96歳、著書に『思考の整理学』

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです