メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

感染性胃腸炎、水ぼうそう、りんご病…コロナ以外の感染症減る 埼玉県衛生研究所まとめ

 新型コロナウイルスの感染が拡大する中、3月ごろから埼玉県内で他の感染症にかかった人が例年に比べて大きく減っていることが県衛生研究所(吉見町)のまとめで判明した。同研究所の感染症疫学情報担当によると、新型コロナ対策で手洗いなどの徹底が進んでいることが一因として考えられるという。【山越峰一郎】

 同研究所は感染症の予防と流行防止のため、感染症法に基づき医療機関からの報告をとりまとめている。特にインフルエンザなど感染者数が多い18の「定点把握対象疾患」については、地域別の数字を毎週公表している。

 患者数が多く、比較しやすい六つの疾患を見ると、3月から目に見えて減り始め、4月は落ち込みがより顕著になっている。例えば感染性胃腸炎の第14~16週(3月30日~4月19日)は、2019年の3637人に対し20年は792人と4分の1以下に減少した。同期間の他の疾患では、水ぼうそう98人(昨年同時期222人)▽RSウイルス21人(同191人)▽溶連菌(A群)467人(同1202人)▽りんご病38人(…

この記事は有料記事です。

残り348文字(全文795文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 切羽詰まった心理につけ込み… トイレ修理のトラブル増加、150万円請求も

  2. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  3. 余録 かつて「長者番付」と呼ばれる高額納税者リストの注目された時代があった…

  4. 中村文則の書斎のつぶやき コロナから逃げる政権

  5. 柔道のGS東京大会開催断念へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです