メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

紙とフィルムでフェースシールド 安価で量産可能 鳥取大と県内企業

自身もフェースシールドを装着し、説明を受ける平井伸治知事(左)=鳥取市の県庁で2020年4月23日午後2時33分、野原寛史撮影

 鳥取大医学部(鳥取県米子市)と鳥取県内企業が協力し、飛沫(ひまつ)感染を防ぐ「フェースシールド ORIGAMI(オリガミ)」を開発した。新型コロナウイルスの拡大で、感染者が多いエリアの医療機関ではフェースシールドが不足している。オリガミは紙製で安く量産でき、使い捨て。月末に出荷を始め、鳥取県と東京都に1万個ずつ寄贈する。

 手がけたのは鳥取大医学部付属病院の藤井政至助教(32)と、大学発ベンチャー企業のメディビート(米子市)、紙器製造加工業のサンパック(同県倉吉市)など。紙とポリプロピレン製のフィルムのみで構成するため軽く、マスクとも干渉しない。製造費用は1個120円。東京都内で感染者の検査や治療にあたる医師から助言も受け、まず3万個生産する。

この記事は有料記事です。

残り84文字(全文410文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです