メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

民間検査キットも選択肢? SNSで相次ぐ批判、医師会反発も「問い合わせ多数」

車に乗ったままPCR検査を受ける「ドライブスルー方式」のデモンストレーション=奈良市七条西町で2020年4月20日午後2時51分、藤井達也撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大を巡り、楽天は法人向けに、ウイルス感染の可能性が分かるとされる検査キットを発売した。だがツイッター上では「自分で検体を取るのは絶対に無理」「病院の外来が圧迫されかねない」といった疑問の声が上がる。検査結果の精度にも課題があり「偽りの安心を得ることで、むしろ本人や周囲を危機に陥れかねない」と懸念する医師もいる。一方、PCR検査をなかなか受けられず不安を抱える人もおり「使い方次第だ。キットは選択肢の一つでは」と肯定的な声も上がる。現状を考えた。【山内真弓/統合デジタル取材センター、原田啓之/くらし医療部】

この記事は有料記事です。

残り1587文字(全文1855文字)

山内真弓

2007年入社。水戸支局などを経て、東日本大震災後の仙台支局へ。2020年春から東京・統合デジタル取材センター。記者として心掛けているのは、見えにくい日常を描くこと。2児の母で、保活(保育園探し)を6回して疲れ果てたため、地域の子育て環境に関心がある。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「夢のようなディズニー特別ツアー」詐欺相次ぐ 被害者が信じ込んだ、その手口

  2. 「このままでは皇室消滅」「女性皇族の議論なさ過ぎ」 専門家4氏が口にした危機感

  3. 身内にも「自助」要求? 菅氏方針にざわつく党内 連続比例復活で「重複」禁止

  4. 学術会議「国の機関から切り離し」 井上担当相の提案が波紋

  5. イラン核科学者暗殺 開発計画で中心的役割 実行犯不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです