特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

ごみ処理業者ピンチ 企業自粛で事業系減 収入半減も、作業員には感染リスク

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
企業などから出た事業系ごみを収集車に運び込む作業員=白井エコセンター提供
企業などから出た事業系ごみを収集車に運び込む作業員=白井エコセンター提供

 新型コロナウイルス感染拡大に伴う政府の休業要請を受け企業の営業自粛が全国で広がる中、オフィスビルや店舗などから出る「事業系一般廃棄物」(事業系ごみ)が減り続けている。事業系ごみの収集・運搬を担う民間の廃棄物処理業者の収入も減少を続けており、経営難に陥る可能性も出始めた。ごみ収集は経済活動の維持に不可欠な業務で、処理業者からは「赤字でも毎日の収集をやめるわけにはいかない」と悲鳴が聞こえてくる。

 事業系ごみは、事業活動で生じるごみのうち産業廃棄物を除いたもので、飲食店やオフィスで捨てられる生ごみや紙くずなどが対象となる。ほとんどの市区町村では、許可を受けた民間の処理業者が個々の企業などと契約を結び、ごみの収集と運搬を行っている。

この記事は有料記事です。

残り776文字(全文1093文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集