特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

WBFホテル&リゾーツ民事再生法申請 負債160億円 新型コロナ関連で最大

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
大阪地裁、大阪高裁、大阪簡裁が入る合同庁舎=大阪市北区で、曽根田和久撮影
大阪地裁、大阪高裁、大阪簡裁が入る合同庁舎=大阪市北区で、曽根田和久撮影

 北海道や京都、大阪などでホテル28施設を展開する「WBFホテル&リゾーツ」(大阪市、従業員約1000人)が、大阪地裁に民事再生法の適用を申請したことが27日、明らかになった。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、宿泊者数が減り、資金繰りが行き詰まった。民間調査会社、東京商工リサーチによると、負債総額は約160億円で、コロナ関連の倒産では最大。施設の営業は続ける。

 WBFホテル&リゾーツは2009年12月、ホテル業やレンタカー事業を手がける「ホワイト・ベアーファミリー」(大阪市)のグループ会社として設立。インバウンド(訪日外国人客)を取り込み好況で、19年3月期の売上高は約47億円だったが、今年2月以降、国内外の宿泊客が大幅に減少した。

この記事は有料記事です。

残り141文字(全文463文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集