メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

イッセー尾形 庶民の哀歓演じる 一人芝居「妄ソー劇場・文豪シリーズ」

イッセー尾形さん=関雄輔撮影

 一人芝居で市井の人々の喜怒哀楽を演じてきたイッセー尾形。最近はNHK連続テレビ小説「スカーレット」で主人公の師匠、フカ先生を演じ、その味わい深い演技で改めて注目された。フカ先生の口癖「ええよお」を覚えている人も多いだろう。「朝ドラの撮影は時間がないからやったもん勝ち。どさくさにまぎれて結構好きなことができるんです」と笑う。

 そんなイッセーが新たなライフワークとして取り組んでいるのが、古今東西の文豪の作品を下敷きとした一人芝居「妄(もう)ソー劇場・文豪シリーズ」。小説の登場人物や世界観に着想し、今も昔も変わらない庶民の哀歓を舞台上に浮かび上がらせている。

この記事は有料記事です。

残り767文字(全文1047文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 馬場ふみか、新型コロナウイルス感染 自宅で療養し経過観察

  2. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

  3. 天皇陛下、「深い反省の上に立ち」不戦の決意を表明 全国戦没者追悼式

  4. 本当に「倍返し」ある? 銀行員たちに聞いたドラマ「半沢直樹」の虚と実<前>

  5. 吉永小百合さん「泳いで恒彦さんのところに…」 渡哲也さん死去

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです