メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャンパる

なにコレ!? 楽しみながら法律学ぶ 刑法ポーカー

 今月25日、「刑法ポーカー」が通販サイト「アマゾン」で発売された。制作は伊藤誠悟さん(22)。昨年度まで所属した慶応大法学部法律学科、和田俊憲研究会の卒業制作作品が、商品化に至った。

 刑法では、犯罪が成立するには、その犯罪を構成する諸要素である「構成要件」を満たす必要があるとされる。殺人罪であれば「殺人の実行行為」や「人の死亡という結果」というのがそれだ。

 刑法ポーカーは、構成要件を記したカードをそろえて「役」である犯罪をつくり、最も重い犯罪をつくったプレーヤーが勝つゲーム。役の強さも、実際の刑罰の重さによって順序がつけられる。ゲーム内で最も強い役である「強盗致死罪」をつくるには、「強盗」や「死亡結果」「不法領得の意思」など、同罪を成立させるための構成要件カードをそろえる必要がある。

この記事は有料記事です。

残り631文字(全文978文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  2. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  3. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  4. 不手際連発の安倍政権に募る不満 「平時と変わらぬ対応」の不人気

  5. 第2波で再び経済ストップ? 宣言解除後は「底をはい続けるL字形」との指摘も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです