メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャンパる

「すた・こら」が入試問題に 東京医療学院大

採用された『すた・こら』が掲載された、昨年7月2日の紙面を手にする廣川萌恵さん

 昨年7月2日の「キャンパる」に掲載された学生記者コラム「すた・こら」(表題・ほめるということ)が、東京医療学院大(東京都多摩市)の2020年度入試問題に採用された。執筆したのは当時早稲田大4年の廣川萌恵さん。毎日新聞の読者だという同大入試センターの武川洋介さん(46)が記事を読み、採用を決めたという。設問は、コラムの内容要約(200字以内)と、「ほめるということ」についての考えを600字以内で記述する2問。武川さんは、「起承転結がはっきりしてわかりやすく、自分を見つめる内容で、受験生にも自分を見つめる機会を持ってもらいたいと思った」と採用の理由を挙げた。

 知らせを受けた廣川さんは、「大変驚いています。『すた・こら』は自分の内面をさらけだして書かなければならないので、書いていて苦しいこともありましたが、このような貴重な体験につながったことをうれしく思います。『キャンパる』の記事を読んでくださっている方がいることを実感し、感謝の気持ちでいっぱいです」とのコメントを寄せた。

この記事は有料記事です。

残り291文字(全文732文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  2. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 新たに21人の感染確認、1万7306人に 死者12人増、865人 新型コロナ

  5. 第2波で再び経済ストップ? 宣言解除後は「底をはい続けるL字形」との指摘も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです