特集

キャンパる

学生記者がキャンパスのみならず、街へ、企業へと縦横無尽に取材。学生ならではの発見をリポートします。

特集一覧

キャンパる

「すた・こら」が入試問題に 東京医療学院大

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
採用された『すた・こら』が掲載された、昨年7月2日の紙面を手にする廣川萌恵さん
採用された『すた・こら』が掲載された、昨年7月2日の紙面を手にする廣川萌恵さん

 昨年7月2日の「キャンパる」に掲載された学生記者コラム「すた・こら」(表題・ほめるということ)が、東京医療学院大(東京都多摩市)の2020年度入試問題に採用された。執筆したのは当時早稲田大4年の廣川萌恵さん。毎日新聞の読者だという同大入試センターの武川洋介さん(46)が記事を読み、採用を決めたという。設問は、コラムの内容要約(200字以内)と、「ほめるということ」についての考えを600字以内で記述する2問。武川さんは、「起承転結がはっきりしてわかりやすく、自分を見つめる内容で、受験生にも自分を見つめる機会を持ってもらいたいと思った」と採用の理由を挙げた。

 知らせを受けた廣川さんは、「大変驚いています。『すた・こら』は自分の内面をさらけだして書かなければならないので、書いていて苦しいこともありましたが、このような貴重な体験につながったことをうれしく思います。『キャンパる』の記事を読んでくださっている方がいることを実感し、感謝の気持ちでいっぱいです」とのコメントを寄せた。

この記事は有料記事です。

残り291文字(全文732文字)

あわせて読みたい

注目の特集