メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

HBC・コラムDEガッチャンコ

「アイーン」が開いた世界への窓 /北海道

 「アイーン」「ヒゲダンス」「変なおじさん」……。コメディアンの志村けんさんが新型コロナウイルスの感染による肺炎で亡くなってから、明日で1カ月になります。志村さんがテレビで繰り広げた笑いは世代を超えて見る人を楽しませてくれました。

 旭川聾(ろう)学校の教諭、岩井真里子さんも志村さんの笑いに励まされた思い出があります。岩井さんは生まれつき聴覚に障害がありますが、小学2年から高校まで普通学級に通いました。聴力は大きな声の会話が何とか聞き取れるレベルで、健聴者の同級生との会話は相手の口の動きを読み取っていました。時折周りの話についていけず、ニコニコ笑ってその場をやり過ごすこともありました。

 岩井さんは子供のころ、欠かさず見ていたテレビ番組があります。HBCで放送していた「8時だヨ!全員集合」です。大のお気に入りは志村さんでした。体を張ったコントを見て心の底から笑い、「ヒゲダンス」では次々と繰り出される大道芸にくぎ付けになりました。セリフが聞こえなくても、志村さんは動きや表情だけで笑わせてくれました。

この記事は有料記事です。

残り431文字(全文884文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 腹の虫がおさまらない?マメガムシ食べられてもカエルの尻から脱出 神戸大

  2. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  3. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  4. ベトナムで感染力強い型のコロナ流行か 首相「拡大防止へ重要な時期」

  5. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです