連載

みのひだ写真館

毎日新聞デジタルの「みのひだ写真館」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

みのひだ写真館

和傘の未来支えたい ロクロ職人に32歳が弟子入り /岐阜

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
古い町並みが残る「川原町」にある岐阜和傘の専門店。色鮮やかな傘が来店者を引き付ける=岐阜市湊町で
古い町並みが残る「川原町」にある岐阜和傘の専門店。色鮮やかな傘が来店者を引き付ける=岐阜市湊町で

 木の匂いが漂う工場で、70代の職人と、30代の若手見習が作業に打ち込んでいた。傍らには、均整の取れた円柱形の木製部品が並ぶ。岐阜の伝統産業・和傘の部品「ロクロ」だ。

 岐南町の長屋木工所では1月から、若手の見習が作業に加わった。近藤智弥さん(32)=岐阜市出身=は、岐阜和傘協会(岐阜市)の後継者育成プロジェクトに応募した8人から選ばれ、採用された2人のうちの1人。会社員から転身し、48年間ロクロを作り続ける長屋一男さん(70)に師事する。

 ロクロは数十本ある和傘の骨と柄をつなぎ、傘の開閉に欠かせない最重要部品だ。長良川流域で生育し、加工しやすく粘りもあるエゴノキの原木を、専用の機械で削る。20種類の刃物を機械に付けたり、原木に当てたりする加減に熟練を要する。

この記事は有料記事です。

残り315文字(全文648文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集