メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

緑綬褒章 20人1団体に /岐阜

 春の褒章(29日付発令)に、県内から21の団体個人が選ばれた。長年にわたってボランティアなど社会に奉仕する活動に当たってきた「緑綬褒章」が1団体と1人、公共の事務や産業振興に尽力した「藍綬褒章」が19人だった。県内の受章者は次の皆さん。(敬称略)

 関手話サークルひまわりの会・手話奉仕団体=関▽羽場富子77食生活改善推進員=各務原

 安藤克已58恵那市消防団長=恵那▽伊藤豊子63商業動態統計調査員=岐阜▽大築和子7…

この記事は有料記事です。

残り313文字(全文521文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 被害者に落ち度はない 性暴力撲滅のための教育を

  2. メルケルの歩み サウナバッグを手に「壁」越えた日 物静かな優等生35歳の転身

  3. 工事現場の足場から金属製パイプ落下 通行人2人が重軽傷 神戸

  4. 立憲、2人の重鎮に注目 小沢氏「思い切った政策を」 中村氏「野党連携に注力」

  5. 立憲 最高顧問に菅直人、野田佳彦両元首相 小沢一郎氏らは固辞

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです