メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

民主党のNY予備選、新型コロナで中止に サンダース陣営「蛮行だ」

ジョー・バイデン氏=ゲッティ共同

 11月の米大統領選に向けた野党・民主党の候補指名争いで、東部ニューヨーク州選挙管理委員会は27日、新型コロナウイルスに感染する危険性を考慮し、6月に予定された予備選の中止を決定した。穏健派のジョー・バイデン前副大統領(77)の指名が確実となった状況で、選挙を実施するのは感染リスクを無用に高めると判断した。だが、対立候補だった急進左派、バーニー・サンダース上院議員(78)陣営は「民主主義への攻撃だ」と反発している。

 3月以降、ウイルスの影響で予備選の延期が相次いでいたが、中止は初めて。予備選を予定している他の州でも今後、追随する動きが出そうだ。ニューヨーク州予備選は当初4月28日に実施予定だったが、ウイルスの感染拡大を受けて6月23日に延期されていた。

 州選管はサンダース氏が既に撤退を表明しているとして、候補リストから同氏を削除。バイデン氏が唯一の候補で不戦勝になるとして予備選の中止を決めた。

 サンダース氏は…

この記事は有料記事です。

残り311文字(全文721文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. テレ東・大江麻理子キャスターらマスク着用 「緊急事態宣言受け決断」

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 声なき声を捕捉せよ コロナと連動する菅内閣支持率

  5. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです