特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

長崎クルーズ船内に漂う不安感 主任研究官が語る限界と難しさ 新型コロナ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
クルーズ船「コスタ・アトランチカ」の船内の状況ついて説明する島田研究官=長崎県庁で2020年4月27日、松村真友撮影
クルーズ船「コスタ・アトランチカ」の船内の状況ついて説明する島田研究官=長崎県庁で2020年4月27日、松村真友撮影

 長崎市の三菱重工業長崎造船所香焼(こうやぎ)工場に停泊しているイタリア船籍クルーズ船「コスタ・アトランチカ」の乗員の新型コロナウイルス感染が発覚して1週間となった27日、国立感染症研究所の島田智恵・主任研究官が県庁で記者会見し、「乗客がいないことが不幸中の幸いだった」と話した。質疑応答は次の通り。【松村真友】

この記事は有料記事です。

残り584文字(全文740文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集