メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「紛れ込み感染」か 大分医療センター院長、院内感染で見解 新型コロナ

取材に応じる国立病院機構大分医療センターの穴井院長=津島史人撮影

 新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生した国立病院機構大分医療センター(大分市)の穴井秀明院長が27日、報道陣の取材に応じた。院内感染した理由について穴井院長は、無症状の感染者が本人も自覚せずに入院したことを発端とした「『紛れ込み感染』の可能性が高い」との見解を示した。【津島史人】

 センターでは、3月に入って院内感染が発生。転院した病院で感染が判明した患者も含め、計24人が感染し、患者の70代女性が死亡した。

 穴井院長は、短期間に感染が拡大した経緯について「職員が患者と接する際にどうしても必要な接触や、飛沫(ひまつ)による感染があったとみられる」と指摘。当初、感染経路として疑われたタブレット端末は使用しておらず、電子機器も消毒をしていたとした上で「(厚生労働省の)クラスター対策班も含めて、使用によって感染が広がったという結論に至らなかった」と否定した。

この記事は有料記事です。

残り411文字(全文799文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「大阪モデル」初の赤信号点灯決定 知事15日まで外出自粛要請へ 学校は継続

  2. 持続化給付金の差し押さえ認めず 「事業継続支えるのが目的」 神戸地裁伊丹支部

  3. 企業の従業員向けバスを「市民の足」に 実証実験スタート 静岡・湖西

  4. 追い込まれたトランプ大統領 選挙不正訴え大演説 自身のFBに掲載

  5. ドコモ新料金プラン、20ギガバイトで月2980円 5分以内の国内通話も無料

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです