特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

熊本市が回覧板取りやめ 「不特定多数が接触、不安」相次ぎ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
自治会内で熊本市からの広報文書を回している回覧板=熊本市中央区で2020年4月28日午後6時1分、清水晃平撮影
自治会内で熊本市からの広報文書を回している回覧板=熊本市中央区で2020年4月28日午後6時1分、清水晃平撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大で、熊本市は28日、市内の915自治会で実施している市の広報文書の回覧を5月から当面取りやめると発表した。市民から「不特定多数の人が触れる回覧板をやめてほしい」という声が相次いだため。大西一史市長は記者会見で「必要な情報は市のホームページ(HP)などで確認してほしい」と呼びかけた。

 市は月1回、公民館での催し物案内などの文書を各自治会に配布。自治会長がバインダーに挟むなどして地域で回覧してきた。

この記事は有料記事です。

残り352文字(全文566文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集