メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

妊産婦らの「コロナ疲れ」 心のケア連休中も 大阪府民向け二つの電話窓口

大阪府庁=大阪市中央区大手前で2019年2月25日、芝村侑美撮影

 大阪府は28日、大型連休中に、新型コロナウイルスに関する不安など精神面の相談を受け付ける府民向けの二つの電話窓口を開設すると発表した。

 府助産師会が平日に受け付けている妊産婦向けの相談窓口(06・6775・8894)を府の委託により、4月29日と5月2~6日の午前9時~午後5時も開設。助産師が相談…

この記事は有料記事です。

残り192文字(全文342文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 今年の“新語”大賞は「ぴえん」 新型コロナ関連のワードも続々トップ10入り

  2. GoToトラベル利用のバス旅行で10人がコロナ感染 福岡

  3. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

  4. 時機を失した政府のGoTo対応 北海道から訴える

  5. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです