「ロイヤルリムジン」解雇の70代運転手、社長らを提訴「回避努力怠る」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
東京地裁=米田堅持撮影
東京地裁=米田堅持撮影

 タクシー事業を展開する「ロイヤルリムジン」グループが新型コロナウイルスの感染拡大による業績悪化を理由に従業員約600人に解雇を通告した問題で、70代の男性運転手が28日、東京都内で記者会見を開き、グループ会社の金子健作社長ら役員2人に、220万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こしたと発表した。

 男性はグループ会社に所属していたが、10日に解雇されたという。15日にグループ会社を相手取り、従業員としての地位確認などを求める仮処分を地裁に申し立てている。

この記事は有料記事です。

残り280文字(全文511文字)

あわせて読みたい

注目の特集