リニア有識者会議 初会合で違い鮮明 JR社長「県の課題実現困難」 副知事「非常に疑問抱く発言」 /静岡

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ウェブ方式で開かれた有識者会議にオブザーバーとして参加した難波喬司副知事=静岡県庁で
ウェブ方式で開かれた有識者会議にオブザーバーとして参加した難波喬司副知事=静岡県庁で

 未着工のリニア中央新幹線静岡工区を巡り、27日にウェブ方式でようやく開かれた国土交通省の有識者会議で、県とJR東海の考え方の違いが改めて鮮明になった。JR東海の金子慎社長は「県から実現が困難な課題が示されている。課題自体の是非も含めて審議し、現実的な解決を図ってほしい」と県の姿勢を批判。一方、難波喬司副知事は会議後の記者会見で「非常に疑問を抱く発言。なぜ議論が進まないのか本質がよく分かった」と反論した。【山田英之】

 有識者会議は7人の委員で構成。県はオブザーバーとして難波副知事が傍聴。JR東海は説明責任者の立場で宇野護副社長が出席した。

この記事は有料記事です。

残り626文字(全文898文字)

あわせて読みたい

注目の特集