メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 学び応援、動画を配信 学校休校で県教委など 教員が出演 /愛媛

 新型コロナウイルスの影響で県内の公立学校の臨時休校が続く中、県教委などが学習支援の動画配信に取り組んでいる。視聴は任意だが、ゴールデンウイーク(GW)中に学習の遅れを取り戻したり、再開時に円滑に学校生活になじめたりできるようサポートする。【中川祐一】

 県教委は県内のケーブルテレビ(CATV)9社と連携し、25日から小中高校、特別支援学校の新入生を対象にした動画を配信。各校で既に学習アプリを活用するなどの対策が取られているが「入学直後の臨時休校で不安も大きく、コミュニケーションの構築に時間を要する」との理由で新入生のみを対象とした配信を決めた。

 動画には教員が出演しており、小中学生には学校生活全般のことと体育、高校生には国語や数学、英語に加え、工業や水産など各専門学科の入門編を配信している。各CATVや動画投稿サイト「ユーチューブ」で見ることができる。

この記事は有料記事です。

残り327文字(全文708文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  2. 池袋母子死亡事故 現場近くに慰霊碑、除幕式 松永さん「事故のない社会に」

  3. 山本太郎の現在地 (下)「世の中、見えてんのか?」 消費税5%、強気崩さないワケ

  4. 香港だけの問題じゃない 「国安法」で日本の表現の自由も脅かされる

  5. 地村保さん死去 93歳 拉致被害者・保志さんの父

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです