メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 唐津市、マスクを継続的配布 妊婦や基礎疾患者対象 /佐賀

唐津市健康サポートセンター「さんて」から郵便局の集荷車に積み込まれるマスク入り封筒

 新型コロナウイルスの感染拡大によりマスクの品薄が続く中、唐津市は28日、妊婦や基礎疾患がある人を対象に使い捨てサージカルマスク計1万8240枚を発送した。同日の臨時市議会でコロナ対策予算が可決され、市は新たに20万枚を用意し、5月以降も無料配布を継続する。

 対象は母子健康手帳と障害者手帳で市が把握する妊婦456人と、腎臓、心臓、呼吸器、肝臓に機能障害のある1368人。「週2回通院のため外出する」と想定し、1人当たり5週…

この記事は有料記事です。

残り319文字(全文531文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #排除する政治~学術会議問題を考える 「まるでモラハラのよう」 矛盾だらけの「改革」論議 名大・隠岐さや香教授

  2. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

  3. ながら運転厳罰化1年 「スマホ触らないで」 名神の追突死亡事故、遺族訴え

  4. GoToトラベル利用のバス旅行で10人がコロナ感染 福岡

  5. 社説 森友問題への政府対応 歯止めかからぬ国会軽視

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです