連載

論点

ニュースをそれぞれ立場を異にする専門家や識者らが意見を交わします。

連載一覧

論点

新型コロナ 「恐れ」とどう付き合うか

  • コメント
  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
 
 

 新型コロナウイルスの爆発的な感染拡大を抑えるため、政府は7日、7都府県に緊急事態宣言を出し、16日には全国に拡大した。各都道府県知事の要請を受け、外出を自粛する動きは広がり、繁華街は閑散とした姿を見せる。感染への恐れを意識せざるを得ない時代に、私たちはどう生きるべきか。識者2人に聞いた。

「弱者」への配慮忘れずに 美馬達哉・立命館大大学院先端総合学術研究科教授

 新型コロナウイルスの感染が大規模に広がった米国やイタリアでは、高齢者介護施設で入所者の多数が死亡する悲劇が起きた。感染を防ぐには人との接触を避ける社会的距離が重要とされるが、高齢者や障害者、幼い子どもたちは、生きるために適切なケアを受けなければならず人との接触が必要だ。外出を自粛して感染の拡大防止に協力するだけでなく、他人との接触を避けられない社会的弱者が犠牲になる恐れがあることも忘れてはいけな…

この記事は有料記事です。

残り3539文字(全文3920文字)

コメント

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集