メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外大飯原発の設置許可取り消し 原告側勝訴 大阪地裁判決

新型コロナ 外出規制、人権侵害に

密集を恐れ、食料の配給を求めて集まった市民を追い払うケニア政府関係者=首都ナイロビで2日、ロイター

無差別発砲、13歳少年死亡 ケニア

取り締まり中に18人死亡 ナイジェリア

首長が「穴に埋める」発言 チェチェン

 新型コロナウイルス感染防止のため各国が市民の外出などを制限する中、過剰な取り締まりによる人権侵害が問題となっている。アフリカでは警戒に当たる警察官が市民を殺害するケースも発生。国連は「強権手法」を通じた取り締まりへの懸念を表明している。

 ケニアの首都ナイロビでは夜間外出禁止令が出ていた3月30日、13歳の少年が警察に銃撃され死亡する事件が起きた。地元紙「スター」などによると、警察官は当時夜のパトロール中で、外出中の若者らを発見して無差別に発砲。当時、3階にある自宅のベランダで家族と過ごしていたヤシン・モヨさんの腹部に「流れ弾」が1発当たり、翌日死亡したという。モヨさんの父親は同紙に「家が安全でないなら、どこが安全なのか」と嘆いた…

この記事は有料記事です。

残り822文字(全文1195文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 長女はひつぎにうどんを二つ… 原爆小頭症の吉本さん逝く 孤独と痛みに耐えた74年

  2. 毎日新聞には冨岡義勇ら登場 「鬼滅」広告、5紙朝刊に掲載 最終巻発売など記念

  3. コロナで変わる世界 <教育編 インタビュー①>山極寿一氏が恐れる「オンラインで済む」という感覚 「知識だけでなく体験共有を」

  4. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  5. 「現場感覚ではもう今が限界」埼玉医大教授のSNS投稿が拡散 コロナ楽観論を懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです