メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

きょうのセカンドオピニオン

歯の食いしばり=答える人・島田淳理事長(グリーンデンタルクリニック・歯科)

島田淳理事長(グリーンデンタルクリニック・歯科)

 Q 歯の食いしばり

 10年前から歯科医に「食いしばりがある」と指摘され、削る可能性も言われました。痛みも不便もありませんが、処置すべきでしょうか。(千葉県、女性、40歳)

 A 適切にあごを動かして

 無意識の「食いしばり」は歯ぎしりの一種で、癖やストレスが原因とされます。通常、1日に上下の歯が合わさる時間は約20分ともいわれ、長く食いしばっていても大抵は弱い力なので、気がつかないことも多いです。

 相談者は下の歯の脇の筋肉が発達し、隆起していると歯科医師に指摘され、気になるとのことですが、不自由を感じていないので、もともとの骨格の問題なども考えられ、食いしばりとの因果関係は不明と思われます。

この記事は有料記事です。

残り434文字(全文732文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優・武田真治さんとモデル・静まなみさんが結婚

  2. 東京都で新たに100人以上感染 5月2日以来の3ケタ

  3. 「党員獲得どころじゃない」 河井夫妻「1億5000万円」 自民総務会で不満噴出

  4. 関東・東海上空に火球 2日未明、目撃相次ぐ 「爆発音聞こえた」

  5. 探して!らき☆すたマンホール 合併10年、埼玉・久喜のどこかに設置

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです