メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

きょうのセカンドオピニオン

歯の食いしばり=答える人・島田淳理事長(グリーンデンタルクリニック・歯科)

島田淳理事長(グリーンデンタルクリニック・歯科)

 Q 歯の食いしばり

 10年前から歯科医に「食いしばりがある」と指摘され、削る可能性も言われました。痛みも不便もありませんが、処置すべきでしょうか。(千葉県、女性、40歳)

 A 適切にあごを動かして

 無意識の「食いしばり」は歯ぎしりの一種で、癖やストレスが原因とされます。通常、1日に上下の歯が合わさる時間は約20分ともいわれ、長く食いしばっていても大抵は弱い力なので、気がつかないことも多いです。

 相談者は下の歯の脇の筋肉が発達し、隆起していると歯科医師に指摘され、気になるとのことですが、不自由を感じていないので、もともとの骨格の問題なども考えられ、食いしばりとの因果関係は不明と思われます。

この記事は有料記事です。

残り434文字(全文732文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  2. 「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い

  3. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 見る探る 「これはいじめではないか…」アンジャッシュ・渡部建さんの謝罪会見に行ってみた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです