メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

改善主義

ボクシング あくまで命、生活ありき=村田諒太

 

 皆さま、いかがお過ごしでしょうか。感染拡大が続く新型コロナウイルスの終息を願ってやみません。

 私はと言いますと、極力人と会わないようにし、ジムも閉鎖中なので自宅や公園などでできる範囲のトレーニングを行っています。

 そろそろこの生活にも疲れてきてはいますが、家族とこれほど長い時間を一緒にいることが今までありませんでしたから、こんな状況の中でも大切な時間を過ごせているものだと捉えています。

 我々アスリートは試合が延期になり、スポンサー等も撤退を余儀なくされる状況ではあるものの、賃料の支払いや、在庫を抱えているわけでも従業員がいるわけでもありません。この状況で泣き言を言うことは、致命的なダメージを受けていらっしゃる一般の方々や企業、個人商店、個人経営のお店など、経営の危機に直面している方々の気持ちを思うと、言うべきではなく、耐えるべき時だと思っています。

この記事は有料記事です。

残り425文字(全文806文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 都知事選に出るワケ 熊本知事から「タイムリミット」示された副知事の決断

  2. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

  3. コロナ鎮めて! 群馬・「妖怪」だるま

  4. 最も評価する政治家は大阪・吉村知事 2位東京・小池氏 発信好感 毎日新聞世論調査

  5. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです