新型コロナ 西鉄の一時帰休、来月に平均5日 従業員4500人対象

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 西日本鉄道は28日、新型コロナウイルスの影響で実施する一時帰休の概要を発表した。西鉄単体で、アルバイトを含む従業員約4500人を一時帰休させる。会社の判断による一時帰休を実施するのは初めて。5月の1カ月間に1人当たり平均5日間、休ませる。

 新型コロナの感染拡大で鉄道やバスの減便・運休、商業施設の休…

この記事は有料記事です。

残り87文字(全文237文字)

あわせて読みたい

ニュース特集