米グーグル13%増収 広告は新型コロナで3月に急減 アルファベット1~3月期

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
米カリフォルニア州のグーグル本社=AP
米カリフォルニア州のグーグル本社=AP

 米グーグルの親会社アルファベットが28日発表した2020年1~3月期決算は売上高が前年同期比13%増の411億ドル(約4・4兆円)、最終(当期)利益が同3%増の68億ドルと増収増益だった。ただ、中核事業のひとつである広告収入が3月に急減。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、企業の広告配信が減少したことが響いた。

 アルファベットの売上高の8割を占めるグーグルの広告収入は10%増の337億ドル。このうち、動画投稿サイト「ユーチューブ」の広告収入は33%増の40億ドルだった。ただ、新型コロナが世界的に流行した3月のグーグルの広告収入は前年同月比で十数%減少した。

この記事は有料記事です。

残り213文字(全文496文字)

あわせて読みたい

注目の特集