特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

延期の中国全人代5月22日開催へ 経済V字回復の具体策示せるかが焦点

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
全国人民代表大会の会場に入り、拍手で迎えられる習近平国家主席(前列左)と李克強首相(同右)=北京の人民大会堂で2019年3月5日、AP
全国人民代表大会の会場に入り、拍手で迎えられる習近平国家主席(前列左)と李克強首相(同右)=北京の人民大会堂で2019年3月5日、AP

 中国の全国人民代表大会(全人代=国会)が5月22日に開会することが決まった。当初は3月5日に開催予定だったが、新型コロナウイルスの流行により延期されていた。全人代常務委員会が29日、日程に関する議案を可決した。習近平指導部は感染封じ込めの成果を国内外に誇示する場とする構えだが、未曽有の打撃を受けた経済の「V字回復」に向けた具体策を示せるかが最大の焦点となる。

 開催期間などの詳細は明らかになっていない。例年の全人代では、初日の「政府活動報告」でその年の経済成長率の目標が示される。だが、中国の1~3月期の実質成長率は新型コロナの影響でマイナス6・8%に落ち込む異常事態にある。国内では「今年の目標設定を見送るべきだ」との声が上がっており、指導部の判断が注目される。

この記事は有料記事です。

残り272文字(全文606文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集