メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フランス、5月11日に外出制限解除 スペインも段階的緩和へ 新型コロナ

28日、パリの国民議会で演説するフランスのフィリップ首相=AP共同

 フランスのフィリップ首相は28日、国民議会(下院)で演説し、新型コロナウイルス対策で実施している厳しい外出制限に関し、感染拡大の減速が続けば、現在の期限の5月11日に解除すると確認、具体的な対応を明らかにした。

 スペインのサンチェス首相も4月28日、記者会見し、5月から6月末にかけて段階的に制限を緩和する方針を発表した。

 フランスは保育園と幼稚園、小学校を5月11日に再開。中学校は5月後半以降、高校は6月以降にそれぞれ先送りする。企業には在宅勤務できる場合は少なくとも5月末まで継続するよう求め、時差出勤も促した。公共交通機関の利用時はマスク着用を義務づける。

 店舗は営業を再開で…

この記事は有料記事です。

残り281文字(全文574文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「GoTo」反対署名、5日間で9万人超 「その予算を医療現場や被災地に」

  2. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  3. 丸岡いずみさん、コロナ陽性で入院 夫の有村昆さんがクラスター発生の劇場で感染

  4. 政権がGoToを強行する理由 アクセルとブレーキ同時に踏む「むちゃ」

  5. 稲田氏ピンチ リベラル色の女性政策に保守派から「ついていけない」の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです